オーディションの秘話

現在TVや映画などで活躍している俳優さんのオーディションの体験記などを読んで参考にすることもオーディションでよい結果を得るために参考になるはずです。有名芸能人といえども、最初からオーディションに合格したわけではないことが彼らの体験記を読むことによって理解できるはずです。だれもが、自分なりの方法で俳優として芸能界で活きていくためのノウハウをそのプロセスで掴み取っています。

一流芸能人の方に共通してみられるのが、オーディションに落ちても気持ちを前向きに何度でもオーディションに臨む姿勢です。(最悪の場合、書類選考で落とされてしまうかもしれません)さらには、今回のオーディションではなぜだめだったのかという理由をさがすことも重要になってきます。一流と言われている芸能人のかたはそれらを自己分析して修正することによって、何度目かのオーディションで成功をつかみ取っていっています。書類選考で勝ち残れるような応募書類の書き方もだんだんとわかってくるようになります。

そのやり方を真似していければ、俳優への登竜門がやる気のある人へは開けてくることになります。俳優を目指したいと思っている方は、最初からあきらめることなく、チャレンジしてみることが推奨されます。

オーディション必勝法

オーディションに受かるにはと考えるのは実は意味がありません。オーディションで成功を得ようとするならば、とにかくオーディションを受け続けることが最終的には良い結果を招くことになります。俳優としての仕事で一番役にたつのが場数を踏むことです。最初はどんな仕事でもいいので、俳優としての活動を開始するためのステップを踏むというつもりでオーディションに望むのが良い方法になります。ベテランの俳優さんの演技を間近に見られるチャンスと思って何でもやってみるのは良い方法になります。

所属事務所も大手事務所に所属できればそれに越したことはありませんが、簡単にそれが叶わないような場合には、小さな事務所に所属して俳優としての活動を始めるのも一つのやり方です。俳優としての力量があれば、小さな所属事務所がそれによって大きな芸能事務所に変わる場合もあります。また、大手の芸能事務所から俳優としての力量を認められればスカウトされるかもしれません。最初から欲張らずに、段階を踏んでいくことが俳優としての成功につながっていきます。

とにかく自分は俳優になりたいという真摯な気持ちを周囲にアピールできれば自然と仕事に巡り合えることになることが多くなってきます。

オーディションの種類

俳優になるためのオーディションですが、2種類に分類可能です。一つは芸能事務所に所属するためのオーディションです。芸能事務所に所属するのは誰でもができるわけではありません。特に大手の事務所に所属するにはかなりの競争を勝ち抜かなくてはなりません。一方で、芸能事務所に所属することが叶えば、所属事務所を通じて俳優の仕事が舞い込んでくることになりますので、多くのオーディションを受ける必要がなくなり、俳優としての能力アップに時間を割くことが可能になります。

仕事を得るためのオーディションもあります。誰もが憧れる大舞台での仕事(ミュージカルや映画の主役)などにはオーディションが行われることが一般的です。芸能事務所に所属している俳優同士の競争の部分もでてきますので、このような場合に所属事務所があることのメリットを痛感できるようになります。もちろん芸能事務所に所属していても、俳優としての力量がなければ、仕事を得ることが出来ません。また自分をPRする能力も必要になってきます。やる気を見せることが出来なければ仕事を得ることはできません。

一般的にはまずは所属事務所を探して、その後に仕事のオーディションを受けることがスムーズな俳優としての活動法になってきます。

オーディションで俳優に

テレビなどで活躍する俳優を目指すにはどのようにするのがいいのでしょうか。俳優として活躍するには所属事務所に在籍していたほうが良いと言えます。所属事務所に在籍しない方法ですと、いくら俳優としての能力が高くでも仕事を得ることが非常に難しくなってしまうからです。

俳優になるにはスカウトを待つという方法もありますが、よほどのことでもない限りスカウトに巡り合えることはないと考えたほうが良いとおもいます。芸能人の方で街中でスカウトされたというような話はもちろん実際のものですが、問題になってくるのはスカウトの人がどこにいるのかという情報は誰も持っていませんので、スカウトにめぐりあうのは非常に確率の低い物であると考えていいでしょう。

俳優になる一番の近道はなんといってもオーディションです。オーディション会場にはその仕事に関する関係者がたくさん来ています。みごとオーディションに合格すればそれに越したことはありませんが、それ以外の仕事についてスカウトされる可能性もでてきます。俳優としての活躍を目指すのであれば、どしどしオーディションに応募してみることは良い方法となります。

オーディションに参加することによって、経験を積むこともできます。プロセスを通じて自分をアピールする方法や俳優としての能力も高まってくることも大いに期待されるようになってきます。また、芸能関係者とのコンタクトも増えてくることも期待されます。オーディションを活用すると俳優としての活躍の道が開けてくることになります。