日別: 2017年1月6日

オーディションの種類

俳優になるためのオーディションですが、2種類に分類可能です。一つは芸能事務所に所属するためのオーディションです。芸能事務所に所属するのは誰でもができるわけではありません。特に大手の事務所に所属するにはかなりの競争を勝ち抜かなくてはなりません。一方で、芸能事務所に所属することが叶えば、所属事務所を通じて俳優の仕事が舞い込んでくることになりますので、多くのオーディションを受ける必要がなくなり、俳優としての能力アップに時間を割くことが可能になります。

仕事を得るためのオーディションもあります。誰もが憧れる大舞台での仕事(ミュージカルや映画の主役)などにはオーディションが行われることが一般的です。芸能事務所に所属している俳優同士の競争の部分もでてきますので、このような場合に所属事務所があることのメリットを痛感できるようになります。もちろん芸能事務所に所属していても、俳優としての力量がなければ、仕事を得ることが出来ません。また自分をPRする能力も必要になってきます。やる気を見せることが出来なければ仕事を得ることはできません。

一般的にはまずは所属事務所を探して、その後に仕事のオーディションを受けることがスムーズな俳優としての活動法になってきます。